Deprecated: Function set_magic_quotes_runtime() is deprecated in D:\web\pharma_jp\includes\core.php on line 81

Deprecated: Function ereg() is deprecated in D:\web\pharma_jp\index.php on line 123
 山東福田薬業有限公司実施しております。木糖、木糖醇等のマルチプル糖類商品を主として生産し
Group |中文 | 日本語

キシリトール


Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in D:\web\pharma_jp\modules\m2_news\news.php on line 419

英文名称:XYLITOL
化学要録登録番号:[87-99-0]
化学構成:
分子式C5H12O5
相対分子量:152.15
性状:白い結晶又は結晶性粉末、甘い、甘みは蔗糖に相当し、水に溶けやすい(約160g/100ml)、アルコールとメチル?アルコールに少し溶ける。融点は92℃-96℃で、沸点は216℃で、エネルギー値は16.72kj/g(蔗糖と同じ)である。水に溶けた時熱を吸収するから、固体状態で食べられた時口に爽やかに感じられる。10% 水溶液PH5.0-7.0。
キシリトール医薬品シリーズ
  糖尿病病人の治療剤?営養剤?最適甘味料 糖尿病は医学業界にエイズ?ガンを続いた第三大「凶手」と言われ、「亜癌」と呼ばれている。中国予防医学科学院が全国11省(市)4万余り名20-74才の常駐人口に調査より、結果は:当該病の発病率は3.12%、糖耐量低下者は 4.76%である。われわれの国に当該患者及び糖耐量低下者は合計で5000-6000万人に達し、その中に5%以下はI型に属し、子供と青少年によく発生し、発病が急ぎ?体内にインシュリンが厳重不足である。95%以上はII型に属し、老人によく発生し、発病がやや緩和し、軽視しやすいし、診察漏れもある。糖尿病はそんなにこわくない、恐ろしいのはそれから併発した余病で、例えば急性併発症―ケトン症酸中毒?高浸透意識不明?乳酸性酸中毒、慢性併発症―主に心血管?網膜?腎臓?神経の病理変化を含む。併発症は患者に苦しませるだけではなく、厳重者の場合、命までおびやかす。大衆の健康と幸福のため、禹城福田薬業は山東省糖アルコール応用研究所と共同で糖尿病を治療する理想的な薬物―福甜キシリトールを研究して開発した。

一、性状
福甜キシリトールは五炭糖の糖アルコールで(中国語で木戊醇も言える)、白い結晶又は結晶性粉末であり、臭くない?涼しい?甘みが蔗糖に相当し、エネルギーはブドウ糖に相当する。

二、治療剤として、医薬衛生業界に応用
 
1. 糖尿病人の治療剤とする
福甜キシリトールは糖アルコール代謝の中間体とし、インシュリンの促進が要らず(膵臓がインシュリンを分泌することを促す)、自身独特な代謝ルートで、グルクロン酸(Glucuronic acid)- キシルロース(xylulose)とペントースリン酸経路(pentose phosphate shunt)を通し燐酸リボーズが生まれ、更に6-燐酸ブドウ糖が形成され、グリコーゲンを再合成又は更に酸化代謝でエネルギーを獲得、福甜キシリトールが糖代謝異常を調整でき、患者がインシュリンに不足した時、キシリトールが平常通り細胞膜を透き通り、細胞に営養とエネルギーを提供でき、ブドウ糖とインシュリン功能の働きをする。当該製品をのんだら、患者の「三多」の病状が良くなって、喉が渇き、飢えがほとんど消え、尿糖も少なくなり、長期にのんだら病症が消えて、糖尿病併発症の発生を有効的に抑制する。

 
2.肝功能の改善
福甜キシリトールは血漿に脂肪酸の発生を遅れさせ、血糖を上昇せず。体に吸収されると、血に乳酸、アセトン酸、ブドウ糖含有量が下がり、同時に肝臓に肝グリコーゲンが増加、トランスアミナーゼを下げ、B型引延し性肝炎、肝硬変の患者に対して著しい治療効果があり、肝炎病人の肝守り薬物である。特に糖尿病と肝炎の併発症病人に対して福甜キシリトールは最理想的な薬物である。

3.抗ケトン体の役割とは、糖尿病と飢え性ケトン症病人に対する理想的な薬物である。

三.福甜キシリトールの他の治療役割

1. 福甜キシリトールがグリセリン?中性脂肪?遊離脂肪酸合成を抑える機能を利用し、体重の増長を抑え、肥満病の治療に応用できる。

2. 福甜キシリトールは良い熱の安定性を有し、アミノ酸と一緒に加熱すると化学反応が発生せず。そうすれば、アミノ酸を調合して多くの調合剤を作られる。キシリトールは胃液の分泌を促し、膵臓と胆嚢の活性を促進し、副腎皮質刺激ホルモンNADPH2 ATPなどの増加を促進し、年寄りと体が弱い人に適用する。

3. 腸壁に吸収されることに対して福甜キシリトールは他の糖アルコールと比べると遅れ、下痢緩和剤として、老年性便秘に使用され、何れも苦しみと副作用無し。

四、使い方及び使用量
大人の場合は20-40g/日、2-3回分けて服用する。子供の場合は半分にして又は医者の指示通り水で服用又は食べ物と一緒に服用する。

五、注意事項
初めて服用又は飲みすぎの場合、軽い下痢が発生したこともある。減らしたら自動的に消え、他の副作用が無い。福甜キシリトール自身が吸湿性を有し、保存時防湿をよく注意しなければいけない。

キシリトール防虫歯シリーズ
 
福甜キシリトールは腐食抑え作用を有し、口腔に長時間にキシリトールを保留すると、虫歯を有効的に予防できる。この特性によって、福甜キシリトールはチューインガム (chewing gum)?チューインガム?あめ?チョコレートなど食品に広く応用している。キシリトールは日本に医薬品と化粧品にも幅広く応用し、キシリトールを甘味料とするチューインガムは歯科患者に専用する。ヨーロッパに無糖チューインガムが市場の50%以上占めている。
 
ドイツの報道より、1997年無糖チューインガムはイギリスにシェアの73%、ドイツに71%、イタリアに53%、フィンランドに95%を占めていた。他のあめの場合、1998年無糖あめはスイスに47%、ドイツに25%、イタリアに25%を占めていた。経済の発展、生活の改善に従ってわれわれの国に無糖食品がますます消費者に受けられ、無糖食品のシェアが年々拡大する。

福甜キシリトールとは、口腔にS突然変異体より発酵されて有害の歯斑酸になることはない、歯斑酸の増長と酸の発生を抑え、保護性唾液の流動を刺激でき、唾液の構成を変われ、PH低下を緩め、歯斑酸より歯に対した腐食を減らし、そして蔗糖が唾液分泌を促進する働きが連鎖球菌突然変異体より酸発生の影響を十分に埋め合わせられない。福甜キシリトールを食うと、唾液及び虫歯のまだらにアルカリ性アミノ酸及びアンモニア濃度が上がり、PH値が高く上がるから、キシリトール-5-燐酸塩が再び琺瑯質に沈殿し、歯をもう一度固くなり、従って琺瑯質の損害を修復する。福甜キシリトールは細菌の繁殖と酸の発生を抑制でき、乳酸菌と連鎖球菌突然変異体の酸産物に90%を下げさせられ、唾液及びまだらに細菌が依存した脂肪燐酸質を下げさせ、同時に細菌が歯の表面に吸着することを抑制し、従ってまだらの数量が少なくなる。

キシリトール医薬品シリーズ
  糖尿病病人の治療剤?営養剤?最適甘味料 糖尿病は医学業界にエイズ?ガンを続いた第三大「凶手」と言われ、「亜癌」と呼ばれている。中国予防医学科学院が全国11省(市)4万余り名20-74才の常駐人口に調査より、結果は:当該病の発病率は3.12%、糖耐量低下者は 4.76%である。われわれの国に当該患者及び糖耐量低下者は合計で5000-6000万人に達し、その中に5%以下はI型に属し、子供と青少年によく発生し、発病が急ぎ?体内にインシュリンが厳重不足である。95%以上はII型に属し、老人によく発生し、発病がやや緩和し、軽視しやすいし、診察漏れもある。糖尿病はそんなにこわくない、恐ろしいのはそれから併発した余病で、例えば急性併発症―ケトン症酸中毒?高浸透意識不明?乳酸性酸中毒、慢性併発症―主に心血管?網膜?腎臓?神経の病理変化を含む。併発症は患者に苦しませるだけではなく、厳重者の場合、命までおびやかす。大衆の健康と幸福のため、禹城福田薬業は山東省糖アルコール応用研究所と共同で糖尿病を治療する理想的な薬物―福甜キシリトールを研究して開発した。

一、性状
福甜キシリトールは五炭糖の糖アルコールで(中国語で木戊醇も言える)、白い結晶又は結晶性粉末であり、臭くない?涼しい?甘みが蔗糖に相当し、エネルギーはブドウ糖に相当する。

二、治療剤として、医薬衛生業界に応用
1. 糖尿病人の治療剤とする
福甜キシリトールは糖アルコール代謝の中間体とし、インシュリンの促進が要らず(膵臓がインシュリンを分泌することを促す)、自身独特な代謝ルートで、グルクロン酸(Glucuronic acid)- キシルロース(xylulose)とペントースリン酸経路(pentose phosphate shunt)を通し燐酸リボーズが生まれ、更に6-燐酸ブドウ糖が形成され、グリコーゲンを再合成又は更に酸化代謝でエネルギーを獲得、福甜キシリトールが糖代謝異常を調整でき、患者がインシュリンに不足した時、キシリトールが平常通り細胞膜を透き通り、細胞に営養とエネルギーを提供でき、ブドウ糖とインシュリン功能の働きをする。当該製品をのんだら、患者の「三多」の病状が良くなって、喉が渇き、飢えがほとんど消え、尿糖も少なくなり、長期にのんだら病症が消えて、糖尿病併発症の発生を有効的に抑制する。
 
2.肝功能の改善
福甜キシリトールは血漿に脂肪酸の発生を遅れさせ、血糖を上昇せず。体に吸収されると、血に乳酸、アセトン酸、ブドウ糖含有量が下がり、同時に肝臓に肝グリコーゲンが増加、トランスアミナーゼを下げ、B型引延し性肝炎、肝硬変の患者に対して著しい治療効果があり、肝炎病人の肝守り薬物である。特に糖尿病と肝炎の併発症病人に対して福甜キシリトールは最理想的な薬物である。

3.抗ケトン体の役割とは、糖尿病と飢え性ケトン症病人に対する理想的な薬物である。

三.福甜キシリトールの他の治療役割
1. 福甜キシリトールがグリセリン?中性脂肪?遊離脂肪酸合成を抑える機能を利用し、体重の増長を抑え、肥満病の治療に応用できる。

2. 福甜キシリトールは良い熱の安定性を有し、アミノ酸と一緒に加熱すると化学反応が発生せず。そうすれば、アミノ酸を調合して多くの調合剤を作られる。キシリトールは胃液の分泌を促し、膵臓と胆嚢の活性を促進し、副腎皮質刺激ホルモンNADPH2 ATPなどの増加を促進し、年寄りと体が弱い人に適用する。

3. 腸壁に吸収されることに対して福甜キシリトールは他の糖アルコールと比べると遅れ、下痢緩和剤として、老年性便秘に使用され、何れも苦しみと副作用無し。
メールアドレス:sales@futaste.com 電話番号:86 534 7269256 ファックス:86 534 2125289
著作権を所有します: 山東福田薬業有限公司 ICP No. 05029475